読書・書籍

【週末読書】アラフィフおじいちゃんのオススメ本『購入本』

 

こんにちは。

映画が大好きなアラフィフおじいちゃんのエラムです。

映画や無料視聴動画ばっかりのブログだと少し飽きてくるので

映画の他に大好きな読書(本)についてサクッと書いてみます。

最近、購入した本と現在進行形で読んでいる本を紹介します。

簡単に読める内容のブログになっているので、お時間に余裕がある方は

お付き合いよろしくお願いします。

 

 

【流浪の月】凪良ゆう

 

流郎の月/凪良ゆう

 

 

目次

 

第一章 少女のはなし

第二章 彼女のはなし Ⅰ

第三章 彼女のはなし Ⅱ

第四章 彼のはなし Ⅰ

第五章 彼女のはなし Ⅲ

終章 彼のはなし Ⅱ

 

『流浪の月』あらすじ

 

あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい――。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人間を巻き込みながら疾走を始める。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。

引用元:Amazon

 

この本は、2020年本屋大賞受賞した小説です。

 

『凪浪ゆう』その他の作品

 

 

【背中の蜘蛛】誉田哲也

 

背中の蜘蛛/誉田哲也

 

 

目次

 

第一部 裏切りの日

第二部 顔のない目

第三部 蜘蛛の背中

 

『蜘蛛の背中』あらすじ

 

ついに、ここまできた――。前人未到、孤高の警察小説が誕生した。
東京・池袋の路上で男の死体が発見された。目撃者もなく捜査は難航、しかし「あること」がきっかけになり捜査が急転。
それから約半年後。東京・新木場で爆殺事件が発生。こちらもな捜査はなかなか進展しなかったが、「あること」が転換点となり容疑者が浮かぶ……。
捜査に携わる管理官を中心に、新時代の警察捜査を濃密に描く。著者史上、もっとも尖った警察小説。

引用元:Amazon

 

 

【歌舞伎町ゲノム】誉田哲也

 

歌舞伎町ゲノム/誉田哲也

 

 

目次

 

  1. 兼任御法度
  2. 凱旋御法度
  3. 売逃御法度
  4. 改竄御法度
  5. 恩赦御法度

 

『歌舞伎町ゲノム』あらすじ

 

新宿の街に巣くう毒虫どもを仕置きするという「歌舞伎町セブン」。その彼らの元に舞い込む依頼とは……。

「復讐」という言葉を借りて、数々の人間模様を目の当たりする彼ら。そのとき「歌舞伎町セブン」のメンバーはどう動くのか。新メンバーも加入し、不気味で謎めいた巨大組織「NWO」もまた、動き出す! シリーズ最新作。

引用元:Amazon

 

 

【妖の掟】誉田哲也

 

妖の掟/誉田哲也

 

目次

 

第一章

第二章

第三章

第四章

第五章

終章

※目次には、タイトルがありません。

 

『妖の掟』あらすじ

 

人の世の日陰で数百年を共に生きてきた紅鈴と欣治の運命が、ヤクザの抗争によって動きだす。『妖の華』に続く最強ヒロイン登場!

引用元:Amazon

 

『誉田哲也』その他の作品

 

 

【お金2.0】新しい経済のルールと生き方/佐藤航陽

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方/佐藤航陽

 

 

目次

 

第1章 お金の正体

第2章 テクノロジーが変えるお金のカタチ

第3章 価値主義とは何か?

第4章 「お金」から解放される生き方

第5章 加速する人類の進化

 

『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』あらすじ

 

〈資本主義を革命的に書き換える「お金2.0」とは何か〉
2.0のサービスは、概念そのものを作り出そうとするものが多いので、既存の金融知識が豊富な人ほど理解に苦しみます。あまりにも既存社会の常識とは違うので「今の経済」のメインストリームにいる人たちにとっては懐疑や不安の対象になりやすいといった特徴もあります。そして、それこそが全く新しいパラダイムであることの証でもあります。本書ではまずお金や経済の仕組みから、テクノロジーの進化によって生まれた「新しい経済」のカタチ、最後に私たちの生活がいかに変わるか、の順番に解体していきます。

引用元:Amazon

 

『佐藤航陽』その他の作品

 

 

 

【幸福の資本論】橘玲

 

幸福の資本論/橘玲

 

 

目次

 

Part 0 「お金持ち」と「貧乏人」の三位一体幸福論

Part1 自由のための金融資産

Part2 自己実現のための人的資本

Part3 幸福のための社会資本

 

『幸福の資本論』あらすじ

 

幸福であることを条件づけるものは、「自由」「自己表現」「共同体=絆」の3つである。
橘氏は、「幸福」は、しっかりした土台の上に設計するべしとし、その人生の「インフラストラクチャー」を前述の3つに対応させて、以下に求めます。
「金融資産(資本)」「人的資本」「社会資本」。
この3つの資本の組み合わせによって生まれる「人生の8パターン」によって、すべてのひとびとの「幸福」のカタチが説明できるとしています。社会資本(中学からの友達ネットワーク)しかない田舎のマイドルヤンキーは、「プア充」。「友だちネットワーク」から排除されるとたちまち3つとも持っていない「貧困」に陥る。金融資産がなくても、高収入を得られる職業につき、友だちや恋人がいれば、人的資本と社会資本を持っている「リア充」。人的資本と金融資産があって社会資本がないのは、「金持ち」の典型、という具合。3つの資本をすべてそろえることは難しいが、せめて2つをそろえれば「幸福」といえる状態になるのではないか。では、どうすれば2つをそろえることができるのか…、そして「幸福」になれるのか、3つの資本を解説しながらその答えを追いかけます。

引用元:Amazon

 

 

『橘玲』その他の作品

 

 

まとめ

 

新型コロナウイルス』の感染予防で特に用事がないなら自宅にて

映画を観たり、本を読んだりして『新型コロナウイルス』に感染しないように

心がけましょう。

自宅の中が1番安全な場所なんではないでしょうか!

現在読んでいる本は、『北川悦吏子』の【運命に、似た恋】です。

こちらの作品は、テレビドラマにもなった原作本です。

 

 

運命に、似た恋 DVD-BOX

 

画像引用元:Amazon

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村