ロマンス

映画【プライドと偏見】ネタバレなし感想と視聴動画配信サービス!

 

映画が大好きなアラフィフおじいちゃんです。

今回視聴した映画は、2006年公開のキーラ・ナイトレイ主演【プライドと偏見】です。

ジェイン・オースティンの小説を映画化にした作品です。

まずは、映画【プライドと偏見】がどのような映画なのか予告編を見て下さい。

 

映画【プライドと偏見】予告編

 

 

 

動画引用元:YouTube

 

映画【プライドと偏見】作品情報

 

  • 英語タイトル:Pride & Prejudice
  • ジャンル:ロマンス/ドラマ
  • 公開日:2006年1月14日
  • 上映時間:2時間7分
  • 提供:NBC Universal
  • 製作国:イギリス/フランス/アメリカ合衆国
  • 言語:英語

 

映画【プライドと偏見】あらすじ

 

18世紀、女性に相続権がない時代のイギリス。女の幸せは豊かな財政の男性と結婚すること・・・。 貧しくはないけれど、大金持ちでもないベネット家では、5人の娘たちが白馬にまたがったリッチな王子様を探しており、隣に越してきた金持ち・ビングリーの噂でもちきりだった。読書好きの次女エリザベスは、ダンスパーティーでビングリーの親友・ダーシーの高慢な態度に腹をたてるが、ダーシーも彼女の聡明さと金持ちへの偏見に苛立ちを覚える。いつしか互いが気になる二人だが、誤解は解けないまま。やっと少し打ち解けるきっかけが掴めた二人だが、その頃、ベネット家の末娘の身に大事件が起こっていた!

引用元:Amazonプライム

 

映画【プライドと偏見】スタッフ

 

  • 監督:ジョー・ライト
  • 脚本:デボラ・モガー
  • 原作:ジェーン・オースティン
  • 製作:ティム・ビーヴァン/エリック・フェルナー/ポール・ウェブスター
  • 製作総指揮:ライザ・チェイシン/デブラ・ヘイワード
  • 音楽:ダリオ・マリアネッリ
  • 撮影:ロマン・オーシン
  • 編集:ポール・トシル

 

監督『ジョー・ライト』その他の作品

 

  • つぐない
  • 路上のソリスト
  • ハンナ
  • アンナ・カレーニナ
  • PAN ネバーランド、夢のはじまり
  • ウィンストン・チャーチルヒトラーから世界を救った男

 

映画【プライドと偏見】キャスト

 

  • エリザベス・ベネット:キーラ・ナイトレイ
  • フィッツウィリアム・ダーシー:マシュー・マクファディン
  • ベネット氏:ドナルド・サザーランド
  • ベネット夫人:ブレンダ・ブレッシン
  • キャサリン夫人:ジュディ・デンチ
  • ジェーン・ベネット:ロザムンド・パイク
  • ウィッカム:ルパート・フレンド
  • ビングリー:サイモン・ウッズ
  • コリンズ氏:トム・ホランダー
  • シャーロット:クローディ•ブレイクリー
  • リディア・ベネット:ジェナ・マローン
  • キティ・ベネット:キャリー・マリガン
  • メアリー・ベネット:タルラ・ライリー
  • ガーディナー夫人:ペネロープ・ウィルトン
  • キャロライン・ビングリー:ケリー・ライリー

 

映画【プライドと偏見】ネタバレなし感想

 

画像引用元:シネマトゥデイ

 

今回視聴した映画【プライドと偏見】は、時代設定が18世紀のイギリスで

ベネット家の5人姉妹を裕福な男性と結婚させようとするヒューマン的な恋愛映画でした。

5人姉妹の中でも次女のエリザベスとダーシーとの恋愛を中心に進んで行く。

エリザベスは、最初はダーシーのことが好きではなかったけれど

ダーシーと会うたびに本当は、彼が優しくて素敵な男性と気づき

エリザベスは、ダーシーにどんどん惹かれていく。

時代背景が古臭いけれど、ロケーションや当時のファッションなど

かなり楽しめました。

恋愛映画が好きな方には、かなりオススメな作品です。

 

映画【プライドと偏見】まとめ

 

今回の映画【プライドと偏見】は、動画配信サービス『Netflix』で視聴しました。

 

 

動画配信サービスのNETFLIXは、無料お試しで視聴することが出来ないので

U-NEXT』で定額見放題で視聴することが可能になっているので31日間の

無料トライアルを利用して視聴して下さい。

 

※期間内に解約すれば料金は発生しません

 

 



この記事は、2021年2月12日に書いています。

動画配信サービスは、日々サービス内容が変化するので

最新の情報を入手して下さい。

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村