ミシェル・ウィリアムズ

ミシェル・ウィリアムズ主演映画オススメ8作品

 

今回は、ミシェル・ウィリアムズが主演している作品でジャンル問わずオススメな作品を8本紹介します。

あくまでも個人的に好きな作品なのでご了承ください。

  • 英語表記:Michelle Williams
  • 本名:ミシェル・イングリット・ウィリアムズ
  • 生年月日:1980年9月9日
  • 出身地:アメリカ合衆国/モンタナ州

 

目次

【彼が二度愛したS】2008年11月8日公開

 

 

【彼が二度愛したS】あらすじ

 

ニューヨークの孤独な会計士ジョナサン(ユアン・マクレガー)は、ある日ハンサムな弁護士のワイアット(ヒュー・ジャックマン)と出会い、身分の高い人たちのためだけに存在する秘密クラブに誘われる。そこでジョナサンは女性たちとの情事にのめり込んでいくが、そんな中ミステリアスな美女(ミシェル・ウィリアムズ)と知り合い……。

引用元:シネマトゥデイ

 

動画引用元:YouTube

 

【彼が二度愛したS】キャスト

 

  • ワイアット・ボーズ/ジェイミー・ゲッツ:ヒュー・ジャックマン
  • ジョナサン・マコーリー:ユアン・マクレガー
  • S:ミシェル・ウィリアムズ
  • ウォール街の美女:シャーロット・ランプリング
  • ティナ:マギー・Q

 

【彼が二度愛したS】スタッフ

 

  • 監督:マーセル・ランゲネッガー
  • 製作:ヒュー・ジャックマン/アーノルド・リフキン/ジョン・パレルモ/ロビー・ブレナー
  • 製作総指揮:マージョリー・シク
  • 脚本:マーク・ボンバック
  • 音楽:ラミン・ジャワディ
  • 撮影:ダンテ・スピノッティ

 

 

【ブルーバレンタイン】2011年4月23日公開

 

画像引用元:映画.com

 

【ブルーバレンタイン】あらすじ

 

結婚7年目を迎え、娘と共に3人で暮らすディーン(ライアン・ゴズリング)とシンディ(ミシェル・ウィリアムズ)夫妻。努力の末に資格を取って忙しく働く妻シンディに対し、夫ディーンの仕事は順調ではない。お互い相手に不満を募らせながらも、平穏な家庭生活を何とか守ろうとする2人だったが、かつては夢中で愛し合った時期があった……。

引用元:シネマトゥデイ

 

動画引用元:YouTube

 

【ブルーバレンタイン】キャスト

 

  • ディーン・ペレイラ:ライアン・ゴズリング
  • シンディ・ヘラー:ミシェル・ウィリアムズ
  • フランキー:フェイス・ワディッカ
  • ボビー・オンタリオ:マイク・ヴォーゲル

 

【ブルーバレンタイン】スタッフ

 

  • 監督:デレク・シアンフランス
  • 脚本:デレク・シアンフランス/ジョーイ・カーティス/カミーユ・ドラヴィーニュ
  • 製作:ジェイミー・パトリコフ/リネット・ハウエル/アレックス・オルロフスキー
  • 製作総指揮:ダグ・ダイ/ライアン・ゴズリング/ジャック・レクナー/レナ・ロンソン/ミシェル・ウィリアムズ
  • 撮影:アンドリー・パレーク
  • 編集:ロン・パターネ/ジム・ヘルトン

 

 

【マリリン7日間の恋】2012年3月24日公開

 

画像引用元:映画.com

 

【マリリン7日間の恋】あらすじ

 

名優ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督と主演を務める『王子と踊子』の撮影で、ハリウッドからロンドンへと渡ったマリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)。スタッフから大歓迎を受ける彼女だったが、初の海外撮影に対する重圧などから現場に遅刻するように。ローレンスたちに冷たくされて困惑するマリリンに、第3助監督のコリン(エディ・レッドメイン)は第三者からの視点でアドバイスを送る。それを機に、二人は心を許し合う仲になるが……。

引用元:シネマトゥデイ

 

動画引用元:YouTube

 

【マリリン7日間の恋】キャスト

 

  • マリリン・モンロー:ミシェル・ウィリアムズ
  • ローレンス・オリヴィエ:ケネス・ブラナー
  • コリン・クラーク:エディ・レッドメイン
  • ミルトン・H・グリーン:ドミニク・クーパー
  • ヴィヴィアン・リー:ジュリア・オーモンド
  • ポーラ・ストラスバーグ:ゾーイ・ワナメイカー
  • アーサー・ミラー:ダグレイ・スコット
  • ルーシー:エマ・ワトソン
  • シビル・ソーンダイク:ジュディ・デンチ

 

【マリリン7日間の恋】スタッフ

 

  • 監督:サイモン・カーティス
  • 脚本:エイドリアン・ホッジス
  • 原作:コリン・クラーク
  • 製作:デヴィッド・パーフィット/ハーヴェイ・ワインスタイン
  • 製作総指揮:ボブ・ワインスタイン
  • 音楽:コンラッド・ポープ
  • 撮影:ベン・スミサード
  • 編集:アダム・レヒト

 

 

【フランス組曲】2016年1月8日公開

 

画像引用元:映画.com

 

【フランス組曲】あらすじ

 

1940年、ナチス・ドイツの占領下にあるフランス。田舎町で厳格な義母と生活しながら、出征した夫の帰りを待っているリュシル(ミシェル・ウィリアムズ)。彼女の前に、ナチス・ドイツのブルーノが現れる。占領国の男と被占領国の女、さらに人妻という立場でありながら、共に愛している音楽を通じながら心の距離を縮めていく二人。ふつふつとわき上がるブルーノへの思いに戸惑うと同時に、リュシルは住んでいる田舎町しか知らず、誰かに従うように生きてきたそれまでの自分を見つめ直す。

引用元:シネマトゥデイ

 

動画引用元:YouTube

 

【フランス組曲】キャスト

 

  • リュシル・アンジェリエ:ミシェル・ウィリアムズ
  • アンジェリエ夫人:クリスティン・スコット・トーマス
  • ブルーノ・フォン・ファルク中尉:マティアス・スーナールツ
  • ブノワ・ラバリ:サム・ライリー
  • マドレーヌ・ラバリ:ルース・ウィルソン
  • セリーヌ・ジョゼフ:マーゴット・ロビー
  • モンモール子爵:ランベール・ウィルソン
  • クルト・ボネ中尉:トム・シリング

 

【フラン組曲】スタッフ

 

  • 監督:ソウル・ディブ
  • 脚本:ソウル・ディブ/マット・シャルマン
  • 原作:イレーヌ・ネミロフスキー
  • 製作:ザビエル・マーチャンド/ロマン・ブレモン/マイケル・クーン/アンドレア・コーンウェル
  • 製作総指揮:チャールズ・レイトン/クリスティーン・ランガン/ボブ・ワインスタイン/ハーベイ・ワインスタイン/レン・ブラバトニック
  • 撮影:エドゥアルド・グラウ
  • 美術:マイケル・カーリン
  • 衣装:マイケル・オコナー
  • 編集:クリス・ディケンズ
  • 音楽:ラエル・ジョーンズ/アレクサンドル・デプラ

 

 

【マンチェスター・バイ・ザ・シー】2017年5月13日公開

 

 

画像引用元:映画.com

 

【マンチェスター・バイ・ザ・シー】あらすじ

 

ボストン郊外で便利屋をしている孤独な男リー(ケイシー・アフレック)は、兄ジョー(カイル・チャンドラー)の急死をきっかけに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってくる。兄の死を悲しむ暇もなく、遺言で16歳になるおいのパトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人を引き受けた彼は、おいの面倒を見るため故郷の町に留まるうちに、自身が心を閉ざすことになった過去の悲劇と向き合うことになり……。

引用元:シネマトゥデイ

 

動画引用元:YouTube

 

【マンチェスター・バイ・ザ・シー】キャスト

 

  • リー・チャンドラー:ケイシー・アフレック
  • ランディ:ミシェル・ウィリアムズ
  • ジョー・チャンドラー:カイル・チャンドラー
  • パトリック:ルーカス・ヘッジス
  • シルヴィー:カーラ・ヘイワード
  • ジョージ:C・J・ウィルソン
  • エリーズ:グレッチェン・モル
  • ジェフリー:マシュー・ブロデリック

 

【マンチェスター・バイ・ザ・シー】スタッフ

 

  • 監督/脚本:ケネス・ロナーガン
  • 製作:ケネス・ロナーガン/キンバリー・スチュワード/マット・デイモン/クリス・ムーア/ローレン・ベック/ケビン・J・ウォルシュ
  • 製作総指揮:ジョシュ・ゴッドフリー/ジョン・クラシンスキー/デクラン・ボールドウィン/ビル・ミリオーレ
  • 撮影:ジョディ・リー・ライプス
  • 美術:ルース・デ・ヨンク
  • 衣装:メリッサ・トス
  • 編集:ジェニファー・レイム
  • 音楽:レスリー・バーバー

 

 

 

【グレイテスト・ショーマン】2018年2月16日公開

 

画像引用元:映画.com

 

【グレイテスト・ショーマン】あらすじ

 

P・T・バーナム(ヒュー・ジャックマン)は妻(ミシェル・ウィリアムズ)と娘たちを幸せにすることを願い、これまでにないゴージャスなショーを作ろうと考える。イギリスから奇跡の声を持つオペラ歌手ジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)を連れてアメリカに戻った彼は、各地でショーを開催し、大成功を収めるが……。

引用元:シネマトゥデイ

 

動画引用元:YouTube

 

【グレイテスト・ショーマン】キャスト

 

  • P・T・バーナム:ヒュー・ジャックマン
  • フィリップ・カーライル:ザック・エフロン
  • チャリティ・バーナム:ミシェル・ウィリアムズ
  • ジェニー・リンド:レベッカ・ファーガソン
  • アン・ウィーラー:ゼンデイヤ
  • レティ・ルッツ:キアラ・セトル
  • W・D・ウィーラー:ヤーヤ・アブドゥル
  • トム:サム・ハンフリー

 

【グレイテスト・ショーマン】スタッフ

 

  • 監督:マイケル・グレイシー
  • 脚本:ジェニー・ビックス/ビル・コンドン
  • 原案:ジェニー・ビックス
  • 製作:ローレンス・マーク/ピーター・チャーニン/ジェンノ・トッピング
  • 製作総指揮:ジェームズ・マンゴールド/ドナルド・J・リー・Jr./トニア・デイビス
  • 撮影:シーマス・マッガーベイ
  • 美術:ネイサン・クロウリー
  • 衣装:エレン・マイロニック
  • 編集:ジョー・ハッシング
  • 音楽:ジョン・デブニー/ジョセフ・トラパニーズ

 

 

 

【ゲティ家の身代金】2018年5月25日公開

 

画像引用元:映画.com

 

【ゲティ家の身代金】あらすじ

 

1973年、大富豪ジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)は孫のポール(チャーリー・プラマー)を誘拐され1,700万ドルという高額の身代金を要求されるが、守銭奴でもあったゲティは支払いを拒否する。離婚して一族から離れていたポールの母ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)は、息子のために誘拐犯、ゲティの双方と闘う。一方、犯人は身代金が支払われる気配がないことに苛立ち……。

引用元:シネマトゥデイ

 

動画引用元:YouTube

 

【ゲティ家の身代金】キャスト

 

  • アビゲイル・ハリス:ミシェル・ウィリアムズ
  • ジャン・ポール・ゲティ:クリストファー・プラマー
  • フレッチャー・チェイス:マーク・ウォールバーグ
  • チンクアンタ:ロマン・デュリス
  • オズワルド・ヒンジ:ティモシー・ハットン
  • ジャン・ポール・ゲティ3世:チャーリー・プラマー
  • ジャン・ポール・ゲティ2世:アンドリュー・バカン

 

【ゲティ家の身代金】スタッフ

 

  • 監督:リドリー・スコット
  • 原作:ジョン・ピアソン
  • 脚本:デビッド・スカルパ
  • 製作:ダン・フリードキン/ブラッドリー・トーマス/クエンティン・カーティス/クリス・クラーク/リドリー・スコット
  • 撮影:ダリウス・ウォルスキー
  • 美術:アーサー・マックス
  • 衣装:ジャンティ・イェーツ
  • 編集:クレア・シンプソン
  • 音楽:ダニエル・ペンバートン

 

 

 

【ヴェノム】2018年11月2日公開

 

画像引用元:映画.com

 

【ヴェノム】あらすじ

 

ジャーナリストのエディ・ブロック(トム・ハーディ)は、ライフ財団が人体実験を行っており、死者が出ているといううわさを聞きつける。正義感にかられ、真相を突き止めようと調査を始めた彼は被験者と接触したために、地球外生命体のシンビオートに寄生される。

引用元:シネマトゥデイ

 

動画引用元:YouTube

 

【ヴェノム】キャスト

 

  • エディ・ブロック/ヴェノム:トム・ハーディ
  • アン・ウエイン:ミシェル・ウィリアムズ
  • カールトン・ドレイク/ライオット:リズ・アーメッド
  • トリース:スコット・ヘイズ
  • ダン・ルイス:リード・スコット
  • ドーラ・スカース:ジェニー・スレイト
  • クレスタ・キャサディ:ウッディ・ハレルソン

 

【ヴェノム】スタッフ

 

  • 監督:ルーベン・フライシャー
  • 原案:ジェフ・ピンクナー/スコット・ローゼンバーグ
  • 脚本:ジェフ・ピンクナー/スコット・ローゼンバーグ/ケリー・マーセル
  • 製作:アビ・アラド/マット・トルマック/エイミー・パスカル
  • 製作総指揮:デビッド・ハウスホルター/スタン・リー/トム・ハーディ/エドワード・チェン/ハワード・チェン
  • 撮影:マシュー・リバティーク
  • 美術:オリバー・スコール
  • 衣装:ケリ・ジョーンズ
  • 編集:メリアン・ブランドン/アラン・ボームガーデン
  • 音楽:ルドウィグ・ゴランソン
  • 音楽監修:ゲイブ・ヒルファー

 

 

 

【ミシェル・ウィリアムズ】最新上映作品

 

ミシェル・ウィリアムズ主演の最新作品は、2021年12月3日公開予定の映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』です。

前作のヴェノム同様に、ヴェノム役はトム・ハーディ、ダン役はリード・スコット、ウッディ・ハレルソンにナオミ・ハリスなどが主演しています。

 

画像引用元:映画.com

 

動画引用元:YouTube

 

この記事は、2021年10月9日に書いています。

動画配信サービスと最新映画公開日は、変更になる場合が

あるので最新の情報を入手して下さい。

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村